高校受験で出題される国語の古文が得意になる解き方や勉強法のコツは?

高校受験で出題される国語の古文が得意になる解き方や勉強法のコツは?

高校受験で出題される国語の古文が得意になる解き方や勉強法のコツは?

 

 

古文の勉強は出題数も少ないという理由から、最初からやらないなんて人も中にはいるかもしれませんが、ちょっとやっただけですぐに点数が上がる問題ばかりですので、最初から捨てずに古文の対策をすることをお勧めします。

 

そこで、今回は高校受験で出題される国語の古文にフォーカスを当てて、コツをご紹介していきたいと思います。

 

 

古文ができる=単語の暗記量に比例!

 

高校受験で出題される国語の古文が得意になる解き方や勉強法のコツは?

 

古文ができるようになるコツ、しかも点数を簡単に上げる特効薬となるのは、ひとまず古文の単語帳を覚えてしまうことです。

 

英単語の勉強時間ほど必要ではありませんし、高校受験で出題される古文は一見難しいように見えて、単語レベルの問題がほとんどして、覚えていれば解ける問題ばかりとなっております。

 

また、単語帳一冊といっても高校受験対策用の古文の単語帳は非常に薄く、一時間もあれば読み終わってしまうレベルのものです。

 

単語帳を買いたくないという方は過去問を解いた上で出てきた単語をしっかりと暗記するだけでも良いです。

 

いずれにせよ、古文の点数をあげるコツは暗記している単語の量によって決まります。文法等難しいことは勉強する必要はありませんので、最初から捨てることなく、まずは単語だけでも勉強しておいた方が良いかと思われます。

 

 

古文のコツは、単語を一気に覚えること!

 

高校受験で出題される国語の古文が得意になる解き方や勉強法のコツは?

 

数学や英語、そして国語というメインの科目と比べてしまうと、やはり勉強時間はあまり割きたくはないですよね。
そこで、短期記憶を駆使して試験直前に一気に頭の中に詰め込んでしまいましょう。
高校受験で出題される古文の単語数はそこまで多くありませんし、難しい問題はほとんど出ません。
また、配点もそこまで高いものがあるわけではないので数学や英語の勉強時間を割いてまでやることは戦略的にはオススメできません。

 

そこで、試験直前、大体1ヶ月?2週間前に古文の単語勉強を1日1時間だけ取ってひたすら古文の単語だけを頭に詰め込んでください。

 

おそらくそれだけでも古文の問題の8割は取れるのではないでしょうか、

 

私は大学受験時に大体1ヶ月前に古文の単語帳を購入し、大体1時間で終わるCDが付いていたのでそれを再生しながら単語を覚えていきました。
それだけで古文問題の8割は取れましたので高校受験ではもっと取れるのではないでしょうか。
なかなか直前まで手をつけないというのも勇気のいる決断だとは思いますが、毎日コツコツ勉強して他の勉強時間を取られてしまう方がおそらく影響が大きいのではないでしょうか。

 

 

古文の単語はゴロ合わせで覚える!

 

高校受験で出題される国語の古文が得意になる解き方や勉強法のコツは?

 

古文の単語は語呂合わせで覚えると非常に簡単に覚えることが出来ます。
ネットで検索しても良いですし、語呂で覚える単語帳を購入しても良いです。

 

また、暗記する際のコツとしては、やはり文字だけでなく頭の中で単語を使われているイメージを持ちながら覚えるとより簡単に覚えることができます。

 

同じ日本語とはいえど、昔の言葉はほとんど外国語と変わらず、何を言っているのかさっぱり分からない、今の言葉と比較して原型をとどめていない単語もたくさんありますので、そういった際にはやはり語呂で単語とその内容を覚えてしまった方が効率良いかと思われます。

 

 

いかがでしたでしょうか。どうしても古文というのは出題数も少なく、そして配点もそこまで高いものではないため軽視しがちです。

 

しかし、ちょっとやるだけで簡単に点数をあげることができるものですし、国語の現代文や小説が苦手な方であればここで稼いでおくというのも一つの戦略として考えても良いのかと思われます。

 

短期集中で一気に単語を覚えてしまえば大体出題された問題の8割は解くことができるので、是非とも実践してみてください!

 

 

 

試す価値あり!高校受験の英語の点数を上げる意外なコツは?

 

 

 

 

 

 

なお、以下のサイトもぜひご覧になって下さい。

 

スタディサプリ高校講座・大学受験講座のレビュー