高校受験の数学の点数を誰でも簡単に上げる意外なコツとは?

高校受験の数学の点数を誰でも簡単に上げる意外なコツとは?

高校受験の数学の点数を誰でも簡単に上げる意外なコツとは?

 

 

好きな人と嫌いな人が二極化される科目の一つとしてあげられるのが数学です。
数学が好きな人にはたまらなく面白い科目なのですが、そうでない人にとっては苦痛でしかありません。数学に対する苦手意識が出てくるのはやはり高校受験ぐらいからなのではないでしょうか。

 

しかし、高校受験では、大学受験と異なり、理系科目も文系科目も勉強はしなければなりません。

 

そこで、高校受験の数学の点数を上げるコツについてまとめてみましたので、是非とも参考にしてください!

 

 

基本のパターンは反復学習すること!

 

たくさん問題を解けば良いのではなく、数学には公式があり、問題のパターンも高校受験ではほとんど決まっています。

 

そのような基本パターンを反復して学習して丸暗記してしまいます。とにかく完璧に問題と正解を暗記するまでひたすら反復し続けるようにしてください。

 

法則や公式を何も見ずに完璧に書けるようにしましょう!そして、テストの際には、問題用紙にまずこれらの公式等を書いた上で問題を解くようにすると、あとは公式に当てはめていくだけになりますので、簡単に問題を解くことができます。

 

 

分からない問題はすぐに答えを見るか人に聞くこと!

 

勉強をしていると、いわゆる難問にぶつかることもあります。そこで一時間、二時間と悩んで自分で答えを導き出す!これも一つの勉強というか、その悩むことこそが数学の勉強の意義なのですが、高校受験においては勉強時間を確保することも大切です。

 

また、あくまでも「受験対策」であって、数学の研究者になるわけではないのですから、少し悩んで解けなかったら答えを見た上で、「何でこうなるの?」と答えから遡って問題とその答えを理解していく方が、効率が良いです。

 

また、答えをみてもどうしても分からない問題は先生に聞いたり、友人に聞いて理解するのも良いでしょう。

 

とにかく、難問や分からない問題にぶつかった際に悩む時間はあまり取らないよう、前に進むようにしてください。

 

 

どの問題に似ているかな?という意識で問題文を読むこと!

 

実際に高校受験の際に出題される問題は、当然ですが誰も見たことのない問題です。全受験生が初めて見る問題なのです。

 

そのような初めて見る問題を解く際のコツとしては、基本パターンのどの問題に似ているかな?と反復学習で身につけた基本パターンのどの問題に似ているのかを探します。

 

そして、近しい問題を頭の中で見つけたら、そのあとは基本パターンを解く方法と同じ方法でまずは解いてみます。公式Aを基本パターンで使っていれば、初めて見る目の前の問題でも公式Aを使ってみます。

 

そうすれば答えの数字が異なるだけで解き方は同じですので、難なく解くことができるかと思われます。

 

また、基本パターンが違うと分かれば、次に似ている基本パターンを探し、以下同じ作業を頭の中で繰り返していきます。

 

 

計算問題はしっかりと点数を稼ぐこと!

 

高校受験では必ず計算問題が数問出題されます。この計算問題は、日頃からしっかりと勉強していれば誰でも満点取ることができる問題ですし、大抵の間違いはケアレスミスだったりします。

 

誰もが確実に取るであろう問題については、皆さんも完璧に点数を取って行かなければならず、ここでつまずいてしまうと数学の点数も伸びなくなります。

 

1点、2点で合否が別れる場合もありますので、計算ミス等はしないよう日頃か注意して問題に取り掛かるようにしてください!そして、本番では確実に点数を取るようにしてください!

 

 

高校受験の数学の点数を上げるコツはなかなか難しく、一筋縄ではいかないのは事実ですが、基本パターンをしっかり抑えれば、あとは類似問題が出てくるだけなので、点数を上げることができます。

 

ひらめきで数学を解ける人はあまりおらず、大体の方は「この問題、あの問題パターンに近いな!」と似ている点を探しながら問題を解いています。まずはそのパターンをいくつか頭の中に詰め込むことから始めてください!

 

 

 

高校受験の英語の長文問題が解けるようになるコツとは?